教育に対する問題に家族で向かい合う

日本は戦後、受験や進学に対して力を入れる教育を中心にしてきました。良い会社に入るには良い大学、良い大学に入るには良い高校と言ったように、入試に合格できるような指導を重要視してきたのです。おかげで日本の学力の水準は上がりました。もちろんそのこと自体は素晴らしいことです。努力して勉強に励み、自ら勝ち得た結果です。ただ、現在の日本はあまりにも学校や塾に押し付けすぎて、家庭内での教育を忘れてしまっているような気がします。子どもたちを教え導くのは、何も先生ばかりではありません。むしろ、人としての礼節を初めに伝えるのは親の役目だと思います。社会に出て活躍する際に知っておくべき、「優しさ・思いやり・ルール」のように、勉強以外に学ばなければならないこともたくさんあります。学校で問題が起こったときに、親は全て先生の責任や社会の責任にしがちですが、まず家庭を顧みて、親として子どもにきちんと教えられてきたのか、それを考える必要があるのではないでしょうか。

興学社高等学院について書かれております

家庭用水素吸入器の通販サイトhttp://kyowa-online.com/

株式会社ヤマダ電機について書かれております

株式会社ヤマダ電機について書かれております

アールエスアセットマネジメントについて書かれております

教育 問題関連ページ

更新情報ページ

親の所得が低くても勉強する手立てはある

教育はどういうスタイルが理想的なのか

教育問題になっているいじめ

教育現場における問題点は、学習指導以外にもあります

Copyright© 教育 問題 All Rights Reserved.

教育に対する問題に家族で向かい合う
教育 問題