教育 問題について

親の所得が低くても勉強する手立てはある

今、「教育格差」の問題が色々な場所で取り上げられています。この教育格差とは、子どもの学力が親の所得が高ければ子どもの学力も高く、親の所得が低ければ、子どもの学力水準も低いと、いうものです。子どもの学力と親の所得が、比例していくということになります。しかし、今収入が少ない人は沢山います。自分自身の努力だけでは、どうしようもない、会社の倒産やリストラなどで職を失ってしまう、病気になってしまうなど、働けなくなってしまい、収入が途絶えてしまうなど、沢山の理由があります。そこで、生活を立て直せれば良いのですが、中々難しい方もいます。そこで、収入の少ない親の子供を救おうと色々な動きがあります。これは、ボランティア団体やNPO法人が率先して行い、学生や元教員などが子供たちに無償で勉強を教えるという活動をしているのです。本来、義務教育のはずの小学校、中学校でも家の都合で行けない子どもたちもいるのです。そのような子供達に手を差し伸べるこの様な活動が、もっと知られ、広まっていくと、救われる子ども達も増えていくでしょう。

Copyright© 教育 問題 All Rights Reserved.

親の所得が低くても勉強する手立てはある
教育 問題